今村意仁 限界を超える「自信力」

今村意仁とはどんな人?

  • お知らせ
    あのスーアパーボランティアの方と!

    皆さん、スーパーボランティアの尾畠さん

    ご存じでしょうか?

     

    山口県で2歳児の男の子が行方不明になったとき

    救出したのが尾畠さんです。

     

    先日、そのスーパーボランティアの尾畠さんと

    代表が対談させて頂く機会がございました。

     

    尾畠さんのユーモアあふれるお話や考え方など

    沢山のお話をお伺いできました。

     

    後に、対談ムービーもアップするので

    少々お待ち下さいね!

    続きを読む
  • お知らせ
    1月22日(火)今村塾のお知らせ

    2019年1回目の今村塾のお知らせです☆

     

    日時:2019年1月22日(火)21:30~23:00(予定)

    場所: 滋賀県草津市野路1-8-18 EEビル2階 203号室

    有限会社アイムインターナショナル オフィス&アカデミー

    (南草津駅より徒歩3分)

    参加費:無料

     

    美容関係の職業の方だけでなく

    一般の方でも、アイムのお客様でも参加可能です!

     

    ぜひこの機会に、代表の熱い想いや、今村語録を生でお聞きください☆

    お問い合わせは 077-566-5006 企画室 塩山まで。

     

    本年も沢山の方のご参加をお待ちしております!

    続きを読む
  • お知らせ
    新年のご挨拶

    平成31年

     

    新しい年を迎える事ができた。昨年は30年の歴史を刻むことも出来た。

    根拠は無かったが独立当初から15年間でスタッフ100名にすると決めた。

    そして達成した日に5年後に200名にすると宣言した。それも何とか達成することが出来た。

    その後も常に新しい事に挑戦し続けている。

    失敗もあったが、挑戦し続けることで常に緊張感があり活き活きワクワクの連続の人生だ。

     

    【美容・beyond・常識を超え・業界を変えていく】

    をキャッチコピーとし、大卒採用に乗り出した。

    説明会を繰り返し・業界を変えていきたいから力を貸してくれないか!と伝えた。

     

    そして企画室を立ち上げた。スタッフが現場での仕事に集中できる様に、

    様々なサポートをすることと、共に店舗の運営管理・企画開発のプロに育てる事に挑戦している。

    成功するかどうかは分からない。

     

    しかし、立ち止まることは衰退に繋がる。

    だから挑戦している。人生100年時代と言われている。

    気心を知れたお客様と楽しく仕事を出来る環境を整えて行きたい。

     

    「生涯顧客・生涯美容師」と言う言葉がある。

    ベテランになっても腕を磨き!

    自分自身をも磨き続けて大切なお客様に技と心を御提供する仕組みを創り上げたい。

    それ以外にもアイムの広場で様々な働き方の出来る環境を構築していく。

     

    俺は、職人の世界が大好き。技術はどんな人でも誰かに教えてもらっている。

    そして自分も誰かに教えている。その連続の先に技術の継承があるのだと思う。そのような職人の文化が大好きだ。

    弊社の様に育成する者が存在しなければ技術は継承されなくなる。職業そのものが存続されなくなると思う。

    だからこそ今後も坦々と育て続けて行きたい。

     

    皆様!昨年は大変にお世話になりました。

    今後も職業を通してスタッフ共々、少しずつ人として成長して参りたいと思います。

    今後もお力添え宜しくお願い致します。

     

    有限会社アイムインターナショナル

    今村 意仁

    続きを読む
  • 自叙伝
    これからも挑戦あるのみ(上)

    かつて俺は、シャンプーしか出来ない見習いの時に「コンテストで日本一になる」と決めた。

    そして独立する時には「15年間でスタッフを100人にする」との目標を掲げ、達成した。人には失敗も成功もある。それでも、根拠がなくとも大きな夢や目標を掲げる。それが「遠く(将来)に石(夢や目標)を投げろ(決めろ)」だ。

     

    どうか現況に一喜一憂せず、大いなる夢に向かって日々前進してもらいたい。
    俺自身は経営と別に、プライベートで「トライアスロンで世界大会へ出場する」との目標を掲げて取り組んでいる。

     

    はじめはマラソンからはじめた。それはある時、以前からマラソンをしていた知人が「今村さんの年齢で、初マラソンで4時間30分を切ったらすごい」と言ったことが発端になった。反発心が目覚め、「だったら4時間15分を目標にしてやろう」と挑戦することにした。最初は、3キロをゆっくり走るのがやっとというところからだったが、8カ月にわたって我流で練習した。練習の基本はシンプルで、前日に決めた距離を何がなんでも走りきるというもの。足が痛くても、息が苦しくても、腹が痛くても絶対に止まらない。それだけだった。

     

    ホノルルマラソンを初挑戦したときの記録は4時間16分48秒。あと少しだった。悔しさをばねに、「次は4時間を切る」とさらに高い目標を宣言、そして翌年もホノルルマラソンに挑戦した。この時は35キロ辺りから苦しくなり、あきらめそうになった。でも、80人以上のスタッフから応援メールをもらっていたから、「やつらに背中を見せないと、カッコ悪い」と奮起することができた。

    結果は、3時間54分28秒。宣言通り目標を達成した。

     

    この時に一つ、感動したエピソードがあった。俺とともにマラソンへ挑戦したSPCの経営者仲間が14時間以上かけて完走したのだ。約2万3000人いる参加者の中で、彼は最後尾から5番目の順位だった。おそらく途中からは、前にも後ろにもランナーが見えなかったと思う。しかし、それでもあきらめず、逃げずにゴールをした。経営とは直接関係しないと思いがちだが、こうした熱意がほかの人を熱くさせ、いい
    空気が生まれていく。だからこそ、誰がどうであれ、あきらめずに挑戦することが大事なのだ。

     

    2016年7月に、トライアスロン世界選手権の出場経験をもつ溝端祐一氏(Unity代表)との出会いがあり、俺はトライアスロンへの挑戦を開始した。同氏にはパーソナルトレーナーをお願いして基本練習に励んでいる。

    我流だったら、直面する苦労や悩み、葛藤も自分で乗り越えなければならず、それゆえに乗り越えた後には充足感もある。また、やり続ければ自分流になるとも考えていた。だが、美容を含めてあらゆる業種では、基本形を大事にする。

    俺も我流であと一歩のところまで上り詰めたが、結局は基本形を正しく覚えておくことが、いざというときに優位点となることに気づいた。だからこそ、いまはパーソナルトレーナーに教わることにしたのだ。

    同氏はトレーナーでありながら現役選手としても活躍していて、自分で努力をしながらやってきた人物だ。トレーニング法も、考えに考え抜いて編み出し、確立させてきた。

    この根幹にある「能力に恵まれなくても、基本形に徹して走ることが大事」という考えは、ビジネスにおいても通じることであり、経営者として多くの学びを得ることができたと思う。

    続きを読む
  • お知らせ
    メール相談会のお知らせ

    お待たせ致しました!

     

    ”今村塾に行きたいけど遠くて行けない”

    という方も多いと思いますので

    メールでの経営相談会を行います。

     

    経営に関する悩み、課題について

    今村意仁が全力で返答させて頂きます。

     

    ホームページ右上の

    お問い合わせフォームより

    お気軽に御相談下さいませ。

     

    尚、誠に勝手ながら

    2018年12月30日(日)~2019年1月3日(木)まで

    弊社おやすみを頂いておりますので

    返信が遅くなる恐れがあります。

    あらかじめご了承ください。

     

     

    続きを読む